Contents

Category

Copyright (C) HI-SPEED All Rights Reserved.

1.破産の要件を満たしているかどうか

自己破産は、その借金がゼロになる、支払い義務がなくなるというとても大きな法的効力を持っています。そのため、誰でもかまわず自己破産ができるという訳ではありません。

自己破産の対象になる方は審査がありますが、まずは返済能力が極めて乏しいの方が対象になります。例えば、1000万以上の借金がある方でも、年収が1000万以上であれば、数年計画で返済を行っていくことは可能になります。しかし、1000万以上の借金があり、収入が年間300万未満であれば、これは少々返済していくのが難しいと判断されます。

このように借金の額ではなく、その方に返済能力があるかないかで判断されます。

浪費癖が激しい人は、節約を余儀なくなれますし、収入が高く優雅な生活をしていて、借金が膨れ上がった人も、一度質素な生活にすることで、返済が可能なのであれば、自己破産は認められません。このように、しっかりまず自分は条件を満たしているのかどうかを理解する必要があります。

もし受理されなかった場合は、他の方法を検討する必要があると言えるでしょう。